PTP ~ エキサイティングにいいモノがある

いいものやアプリをドーンと紹介していきます

ニンテンドースイッチ 発売予定とおすすめソフト【ローンチタイトルまとめ】

任天堂から期待の新ハードである「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」が2017年に発売される。

3月3日の発売に向けてニンテンドーやサードパーティからの情報の公開もどんどんと行われており、本体の予約も順調。日本では大きな予約数を確保できたようだ。

 

まず注目のハードについて。個人的にはとても好感を持っている。

スマホやPCゲーム、PS4などの高性能据え置きゲーム機の台頭により覇権を取るのは難しいかも知れないが、それでも応援したくなる良い印象を持った。

携帯機と据え置き機両方の特徴を持ち、TVモード・テーブルモード・ケータイモードの3種のプレイモードを実現する取り外し合体可能なワクワクするギミックが物欲を刺激する。

ライトなユーザーもゲームを楽しめそうな、複数人でパーティプレイも盛り上がりそうな、Wii 以来の伝統も感じる。

前世代のハードWiiUは短命に終わり先日生産終了してしまったが、このニンテンドースイッチはもっと売れるのではないか?と素直に思った。ちなみに我が家のWiiUはほとんどスプラトゥーン専用機だった。もう少し色々なゲームが出て欲しかった。

 

ということで肝心なのはソフトのラインナップである。 

新ハードのニンテンドースイッチではどのようなソフトが出るのだろうか? ニンテンドーから発売されるお馴染みタイトルやサードパーティの参加状況なども分かってきた。ここまでで判明している情報を整理して、個人的な雑感や期待とともにまとめていく。

魅力的なソフトが多く、ローンチタイトルも充実している。ニンテンドースイッチソフトの選び方の参考にしていただければ幸いだ。

ニンテンドースイッチ本体

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 

はじめる前にまず本体から。発売日は2017年03月03日ということでひな祭りの日にあたる。この日本体と同時に発売されるソフトがローンチタイトルである。

前述した通りすでに予約は始まっている。通販サイトなどでは予約を締め切っているが、近所の量販店やショップにて予約できる場合がある。(予約できなかった人は残念ですが、1st ロットは避けるというのも賢い選択というのも定説・・・)

というわけでいきましょう。

1-2-Switch ワン・ツー・スイッチ

1-2-Switch

1-2-Switch

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:任天堂
ジャンル:パーティ
スイッチオリジナルタイトル
★ 期待度 大

見つめ合って遊ぶ新感覚の対面ゲーム

任天堂がいつも初期に発売してくる、新しいハードの可能性を分かりやすく示す謎ゲームたち。さわるメイド・イン・ワリオとかニンテンドッグスとかWii スポーツとか。今回の「1-2-Switch」=ワン・ツー・スイッチもその類だと思う。

画面を見ずに、一緒に遊ぶ相手の「目」を見ながらJoy-Conでプレイする、人と人とのコミュニケーションを遊ぶゲーム

説明を見るとなんとなく複数人で遊んで盛り上がるゲームのよう。「ガンマン 見つめ合って早撃ち」、「ピンポン 見つめ合って卓球」、「真剣白刃取り 見つめ合って白刃取り」「ミルク 見つめ合って乳搾り!!」etc などなどジョイコンのモーション機能を活かした複数のゲームが詰まったタイトルのようだ。

子供と一緒に家族や親戚同士の集まりでプレイしたり、友達とのパーティで罰ゲームを賭けてプレイ(イケマセン!)など楽しめるシーンが多そう。

「Switch ってどんなものなの?」 という話題・疑問に「とりあえずワン・ツー・スイッチをプレイしよう!」と早く答えてくれそうなので期待は大きい。

販売価格も抑えめになっており現時点で5千円以下。また意外と値崩れしないのが初期謎ゲームの特徴なので購入して損は無いはず。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Switch 版

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

 

 発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:任天堂
ジャンル:アクションアドベンチャー
スイッチ、Wii U マルチタイトル
★ 期待度 大

広大な世界を舞台に、どこに行くのも、何をするのも、冒険のすべてがあなた次第。Nintendo Switchなら、自宅のテレビでじっくりプレイした続きを外出中に楽しむなど、プレイスタイルも自由自在。

記憶が正しければゼルダの伝説30周年に合わせてWii Uにて発売が予定されていたゼルダの伝説新作。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」としてニンテンドースイッチのローンチタイトルとしても発売されることになった。

個人的にはこれはかなり嬉しい。

Switch 版とWii U マルチで発売される場合、Switch版 には明確なアドバンテージがある。

そう、ケータイモードの存在だ。これがあるため持ち運んでプレイ出来る。じっくりと腰を据えてプレイしたい場合はTVに繋いで楽しみ、外に出かけるときなどはケータイモードでちょっとした探索などが出来る。この使い分けは非常にワクワクする。

新作「ブレス オブ ザ ワイルド」は舞台がオープンワールドになっている。広大な世界というのは魅力の一つだが、歩き回れる世界というのがとても美しい。トレーラーを見る限り、期待度はかなり高い。 

www.youtube.com

関連グッズ

 

 ブレスオブワイルドの関連グッズも続々発売される。任天堂の公式グッズとしておなじみの amiibo や ねんどろいどが発売される。こうして立体を眺めてみても、リンクの緑よりも青を強めにした服装のカラーデザインがとても良い感じ。

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:スクウェア・エニックス
ジャンル:アクション
PS4、PS3、PS Vita マルチタイトル

スクウェア・エニックスもSwitchに参戦決定。PS4、PS3、PS Vita での人気タイトルであるドラゴンクエスト・ヒーローズ。

すでに「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」が発売されており、シリーズの評価が高い。大量に現れる魔物をスルスルと倒していくのは爽快感がある。

ニンテンドー・スイッチ版はその二本を一本にまとめて収録して発売する。まだ発売されて2年のシリーズなのでお得だ。スイッチ版の新キャラクターや新クエストも収録される見込み。

シリーズを遊んだことが無い人は購入を検討して損は無い。

★スイッチの注目ポイント!
このようにPlaystation系とのマルチタイトル(複数機種での発売)があっさりと発売されることも魅力だろう。だからこそ据え置きでもケータイでもプレイ出来るならでは特徴が活きてくる。

スーパーボンバーマン R

スーパーボンバーマンR

スーパーボンバーマンR

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:コナミ
ジャンル:アクション
スイッチオリジナルタイトル

ボンバーマンが帰ってきた。スイッチ向けのローンチタイトルとして「スーパーボンバーマンR」が登場する。ハドソンのIPだったが、コナミに引き継がれこうしてリリースされることは嬉しい。

ボンバーマンのゲーム性や操作感はそのままで“今風"に復活
フォトリアルなグラフィックと立体的なギミックが加わった3Dステージ

ボンバーマンの完成されたゲーム性や操作感は「そのまま」、過去のシリーズを楽しんだ人は同じような楽しみ方が出来るし、さらに2017年のニンテンドースイッチならでは性能を活かした多彩なステージが用意されている。

ボンバーマンはやはり対戦が熱い。今回のスーパーボンバーマンRも最大8人での対戦が可能でローカルでも勿論楽しめるし、オンライン対戦も充実している。

みんなで集まってワイワイやるのも楽しいし、オンラインで知らない人相手に時間をつぶすこともできる。さらに実売価格が5000円程度と低めに抑えられているのも魅力度が高い。

ぷよぷよテトリスS

ぷよぷよ (TM) テトリス (R) S 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付

ぷよぷよ (TM) テトリス (R) S 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:セガ
ジャンル:アクションパズル
PS3・PS Vita・Wii U・3DS・PS4・Xbox One マルチタイトル

セガから登場するのは「ぷよぷよテトリスS」となる。この2大タイトルがセガから任天堂ハードの発売日にオフィシャルゲームとして発売されることに感慨深い人もいるだろう。

タイトルの通り、ぷよぷよとテトリスで対戦するゲーム。従来どおり「ぷよぷよ対ぷよぷよ」、「テトリス対テトリス」はもちろんだが、「ぷよぷよ対テトリス」の対戦もある。

さらに「ぷよテトミックス」として「ぷよ」と「テトリミノ」が混ざって落下してくるバージョンもある。

ぷよぷよテトリス プレイ映像 「ぷよテトミックス」ルール - YouTube

ローカルプレイでもインターネットに接続してのオンラインプレイでも4人同時プレイが可能である。

様々なハードで発売された作品だが、この「ぷよぷよ」と「テトリス」の対戦というのはスイッチの「テーブルモード」で盛り上がるのではないかと見て期待している。誰もが知っているルールのゲームを持ち運ぶことが出来るゲーム機一台でどこでも楽しめるのは大きい。

いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:スクウェア・エニックス
ジャンル:RPG 
PS4、PS-VITAマルチタイトル

いけにえと雪のセツナもローンチタイトルとして登場。こちらも先程紹介したドラゴンクエストヒーローズと同じくスクウェア・エニックスより、PS4、PS-VITAからのマルチタイトルとして発売される。

「とりもどそう。ボクたちのRPG」というキャッチフレーズで1990年代のスーパーファミコン全盛期の想像力豊かな和製RPGを現在の技術で作るというコンセプトで作られた作品。

私はPS4版をプレイしているが、その通りのイメージで「よく出来たRPG」だという印象。グラフィックもファンタジックでシステムはいまや懐かしい。普通のRPGが遊びたい人は抑えておいても良いだろう。

※「普通のRPG」と書いたが、最近は洋ゲーに押されてしまいこのようなRPGは異端側になってしまった。潜在的なニーズはあるはずなのでライトユーザーや当時プレイしていた人をターゲットに良作が続くようになれば良い。スイッチはPS4よりもその役割を担いやすいはず。 

信長の野望・創造 with パワーアップキット

信長の野望・創造 with パワーアップキット

信長の野望・創造 with パワーアップキット

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:コーエーテクモゲームス
ジャンル:歴史シミュレーション

お馴染みの信長の野望シリーズ。コーエーテクモゲームスという会社は新ハードリリース初期などに駆けつけてくれる熱いイメージがある。今回も発売日から参戦。

Nintendo Switch™版ならではの要素として新シナリオやモーションIRカメラを活用した新機能を搭載。また、Nintendo Switchに合わせたキー操作やタッチ操作で快適なプレイが楽しめます。 

信長の野望・創造は信長の野望シリーズ30周年を記念して作られた作品。パワーアップキットとして調整・追加コンテンツを投入したバージョンがニンテンドースイッチにも移植される。

新シナリオ、DLC、モーションIRカメラを使った新武将作成機能が用意されている。

魔界戦記ディスガイア5

魔界戦記ディスガイア5 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルA4クリアファイル 付

魔界戦記ディスガイア5 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルA4クリアファイル 付

 

発売日: 2017/03/03 本体と同時発売
メーカー:日本一ソフトウェア
ジャンル:シミュレーションRPG
PS4マルチタイトル

PS4で発売されていたシミュレーションRPGの「魔界戦記ディスガイア5」がニンテンドー・スイッチのローンチタイトルとして発売される。DLCやパッチなども収録された状態での発売となる。

ニンテンドースイッチの3つのプレイスタイル(TV、テーブル、ケータイ)に合わせて最適化がされるとのこと。このシリーズはコツコツとやりこんで強くすることが楽しみでもあり魅力でもある。

ケータイモードでコツコツ遊べる期待は大きい。

PS4版は発売から二年経過しているが、値崩れが起きていない。ニンテンドースイッチ版とほぼおなじ価格となる。両ハードを所有する人はスイッチ版を選んで良いだろう。

本体と同時発売のソフトは以上の8タイトル

  •  1-2-Switch ワン・ツー・スイッチ
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  • ドラゴンクエストヒーローズI・II 
  • スーパーボンバーマン R
  • ぷよぷよテトリスS
  • いけにえと雪のセツナ
  • 信長の野望・創造 with パワーアップキット
  • 魔界戦記ディスガイア5

おさらいをしておこう。2017年3月3日に本体と同時に発売されるローンチタイトルは以上の8タイトルとなる。ローンチタイトルというのはそれだけで後世に語り継がれることになる貴重なものだ。

過去のハードを振り返ってみると、とんでもないクソゲーというのは少なく、しっかり遊べるゲームが多い。いつか Switch を振り返る時にもこれらのタイトルは語られることになるだろう。

8タイトルの特徴 オリジナルとマルチタイトル

さてスイッチ発売日に登場するソフトには明確な特徴がある。オリジナルゲームは少なく、他ハードでも展開されているマルチタイトルが多いということ。

任天堂のハードは意図していたわけではないが、任天堂のオリジナルソフトがほとんどを締め、他メーカーのソフトは発売されにくい傾向がある。(かつてのゲームキューブや前世代のWii Uに顕著)

ニンテンドースイッチのハードの部品の汎用化もあるだろう。CPUやグラフィックチップも一般的な設計の部品が使われる。そのため他ハード向けに開発したゲームでも簡単に移植できる。発売日のタイトルにはPS4やWii Uのものも含まれる。

恐らく今後も他ハードで発売されたソフトの移植は続くだろう。私としてはこの状況は歓迎している。とくに据え置きのTVモードだけでなく、持ち運べるケータイモードの活躍が見込める。

スマホやタブレットでもそれなりゲームは出来るが、じっくりと腰を据えてしっかりと設計されたコントローラーでプレイしたい場合もある。(携帯ゲーム機の3DSやPS Vitaは2017年の今となってはハード性能が弱い感がある)

一方、任天堂に期待されるのはマリオを始めとしたこれまでのIPを活かしたオリジナルタイトルでもある。発売日以降にどのようなソフトが発売されるのか? 引き続き確認していこう。

 

今後発売する期待のソフト

 みんなでワイワイ!スペランカー

みんなでワイワイ! スペランカー

みんなでワイワイ! スペランカー

 

発売日: 2017/04/20
メーカー:スクウェア・エニックス
ジャンル:レース

なつかしいタイトル「スペランカー」がSwitchで登場。PS4,PS-Vitaで配信されている「みんなでスペランカーZ」が元になる。オンラインマルチプレイやローカルプレイで洞窟探検をしていく。

みんなでワイワイ!スペランカー | SQUARE ENIX

スクウェア・エニックスの公式サイトでは懐かしいあの曲の現代アレンジが聞けて泣ける。スクエニはかなりSwitchに力を入れてくるようだ。

 

マリオカート8 デラックス

発売日: 2017/04/28
メーカー:任天堂
ジャンル:レース
★ 期待度 大

Wii Uでの大ヒットソフト、グラフィックも綺麗で追加コンテンツも大量に投入されて完成度を高めてきたマリオカート8がデラックスとなってスイッチに登場。

新アイテムが追加
バトルモードが一新
初めてでも安心「ハンドルアシスト機能」

 スイッチならでは追加要素も用意されている。スプラトゥーンのボーイなど新キャラも登場してかなりボリュームとなるようだ。Wii U版はかなり面白かった。Wii Uでもスプラトゥーンと恐らく1,2を争う面白さだったので、パワーアップしたスイッチ版も安定して楽しめるだろう。

 

スイッチにはジョイコンをセットしてハンドルとして楽しむ、Joy-Conハンドルと言うギミックが用意されているが、このマリオカートのようなレースゲームで威力を発揮することになる。

ニンテンドスイッチ 発売予定ソフト 一覧

改めて本体発売以降に予定されているソフトは以下の通りだ。

  • 三國志13 with パワーアップキット 
  •  いっしょにチョキッと スニッパーズ (Nintendo Switchダウンロードソフト)
  • みんなでワイワイ!スペランカー
  • マリオカート8 デラックス
  • ARMS
  • Splatoon(スプラトゥーン)2
  • スーパーマリオ オデッセイ
  • ゼノブレイド2
  • ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
  • ファイアーエムブレム 完全新作(仮題)
  • 真・女神転生 シリーズ最新作(仮題)
  • Project OCTOPATH TRAVELER(プロジェクト オクトパストラベラー)
  • ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ
  • ドラゴンボール ゼノバース2
  • 新大開拓時代〜街をつくろう〜 (Nintendo Switchダウンロードソフト)
  • The Elder Scrolls V: Skyrim
  • ドラゴンクエストX オンライン
  • ブレイブルー
  • FIFA
  • ダービースタリオン
  • SONIC MANIA
  • PROJECT SONIC 2017
  • NBA 2K18
  • Minecraft
  • 太鼓の達人
  • テイルズ オブ シリーズ

現時点でこれだけの数のソフトの発売が予定されている。

ドラゴンクエストの新作、スプラトゥーンの続編、マリオーカート・スーパーマリオオデッセイの任天堂ゲーム、ファイアーエムブレムや真・女神転生、ゼノブレイド、テイルズという人気RPGの新作などビッグタイトルが続々発売される。

注目は「The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)」や「Minecraft」と言ったPCで人気を博したゲームの登場だ。やはり Switch にはある程度の基本性能と移植度の高さがあるのだろう。

和ゲー・洋ゲー・そして安定の任天堂ゲームまで幅広く取り揃えている。据え置き機と携帯ゲーム機のメリットを併せ持ち、ライトユーザーからコアゲーマーまで引き込む力がある、かなり楽しみなハードと言える。

少なくともWii Uの時とは比較にならないくらいワクワクがある。

今後も期待のソフトやおすすめのソフトを随時更新という形で紹介していく。私はすでに予約済みなので、余裕があれば購入したゲームのレビューなども行っていきたいのでよろしく。

ニンテンドースイッチソフトを買うなら

Amazonでは今からすでにディスカウントされているソフトもある。価格は随時変動するのでチェックしておきたい。

Amazon Nintendo Switch : ゲームソフト

 

関連記事 周辺機器情報

ニンテンドースイッチは多彩なギミックがハードの魅力。サポートする周辺機器も様々タイプのコントローラーから、ケース、液晶保護フィルムまで続々登場する。

Nintendo Switch の周辺機器 ケース・カバー・コントローラー・保護フィルム - PTP ~ エキサイティングにいいモノがある

© 2016-2019 PTP All rights reserved.