PTP ~ エキサイティングにいいモノがある

いいものやアプリをドーンと紹介していきます

Nintendo Switch の周辺機器 ケース・カバー・コントローラー・保護フィルム

任天堂から待望の新型ゲーム機である「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」が発売される。発売日は2017年3月3日であるがすでに本体の予約も始まっており、順調に消化しているようだ。

ニンテンドースイッチは据え置き型とDSのような携帯型の中間を目指したゲーム機であり、様々なギミックが仕込まれている。そしてより便利に使うための周辺機器も本体と同時の発売に向けて準備されている。

また周辺機器はニンテンドー独自のものだけでなく、サードパーティからも発売される。例えばニンテンドー周辺機器ではおなじみの「ホリ」。プレイスタンドや液晶フィルム、収納ケースなどを本体と同じ発売日でリリースする予定となっている。

 

Nintendo Switch の周辺機器

ニンテンドーSwitchの周辺機器はどのようなものがあるのだろうか?コントローラー、ケース・キャリングポーチ、液晶保護フィルム などがある。それぞれの用途や選び方などを Nintendo Switch の公表されている仕様などから検討して行きたい。

 

Nintendo Switch 周辺機器① コントローラー編

Joy-Con ジョイコン

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー

 

ニンテンドー Switch  の大きな特徴3つのプレイモード。

  • これまで通りTVに繋いで大画面で楽しむ「TVモード」
  • 本体の液晶をスタンドで立てて卓上でプレイする「テーブルモード」
  • 携帯ゲーム機のように持ち運ぶ「ケータイモード」

このようにTVにつないでも、TVが無くても楽しめる作りになっている。その様々なモードで楽しく遊べることを実現する仕組みの一つが、「取り外し可能コントローラー」である 「Joy-Con」。ジョイコン。

本体の左右に取り付けたり、左右のパートそれぞれを分け与え使ったり、専用の機器に取り付けてグリップ型としてつかったりと様々な使い方できる。

カラーバリエーションは通常の「黒」と上の画像のような「赤・青」のペアが用意されている。(正式にはグレー、ネオンレッド、ネオンブルーの三色)

今は2パターンだけど今後は限定版や3DSのきせかえプレートのような形で色々なバリエーションが生まれると思う。

Joy-Con (L) グレー

Joy-Con (L) グレー

 

こちらは黒=グレーのジョイコン。片方だけのバラ売りでも販売される。注意したいのは左につける「L」と右につける「R」は別物である点。同じ黒のジョイコンでも間違えて買わないように注意。値段的にはセット、ペアになっているものを購入したほうがおトクなのは覚えておきたい。

Joy-Con (L) / (R) ペア  
Joy-Con (L) グレー
Joy-Con (R) グレー

 

Joy-Conストラップ

Joy-Conストラップ ネオンレッド

Joy-Conストラップ ネオンレッド

 

 ジョイコンは実はジョイコンストラップを装着することができる。ジョイコンはモーションコントロールが使えるようになる。Wii リモコンのようなイメージだ。さらにジョイコンのLボタン・Rボタンを推しやすくする効果もある。 

 

Joy-Con ジョイコン充電グリップ

Joy-Con充電グリップ

Joy-Con充電グリップ

 

 ジョイコンを使いやすいコントローラー形状にするための持ちてが本体同梱品のジョイコングリップ。「Joy-Con(L)」と「Joy-Con(R)」を取り付けて、一般的なグリップ型のコントローラーになる。

こちらは更に上の「充電機能を備えたJoy-Con 充電グリップ」。USBケーブルでJoy-Conの充電も可能になり、グリップ型として使用する際のバッテリー切れを気にする必要がなくなる。

 ※ジョイコンをもう1セット使用したい方は必須の製品ですね。本体で1セット充電、もう1セットはこちらで充電となりそうです。

 

Nintendo Switch Pro ニンテンドースイッチ Pro コントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

 

ジョイコンは上に紹介した通り、気軽に様々に楽しむことが出来るもの。しかし、Nintendo Switch はマシンスペックも向上しており、最新グラフィックのゲームをしっかりと腰を据えて楽しみたいニーズもある。

そのためジョイコンよりも持ちやすい「Nintendo Switch Pro コントローラー」の発売も決定している。操作感にこだわる方は購入を検討すべきだろう。当然ワイヤレス(無線)でつなぐことも可能。

※希望小売価格:6,980円+税と本体の価格と合わせると出費が大きくなり悩ましいところですが、ちゃんとしたコントローラーで遊びたい気持ちと質感が良さそうなのもあり私はすでに予約しました。本体発売後の落ち着いたタイミングでジョイコンとの使用感の比較などレビューしてみます。お楽しみに。

 

Joy-Con ジョイコン ハンドル

 

これは見た通り「Joy-Con」を取り付けてレースゲームで使えるハンドル型のコントローラにするもの。さてニンテンドーのレースゲームといえばマリオカート。もちろんニンテンドースイッチでも早い段階での発売が予定されている。

Wii Uのヒット作、マリオカート8がデラックスとなって2017年4月28日に発売される。

まとめ コントローラー

  • Switchのコントローラーの基本はジョイコン
  • ジョイコン+グリップでより握りやすいコントローラーに
  • ジョイコン+ハンドルでレースゲームがより楽しく
  • しっかりしたコントローラーが欲しい人は「Nintendo Switch Pro コントローラー」を使おう

遊びたい人数やゲームの変化に柔軟に対応できるよう周辺機器が用意されている。

 

Nintendo Switch 周辺機器② ドックセット・ACアダプター編

Nintendo Switch ニンテンドースイッチ ドックセット

Nintendo Switch ドックセット

Nintendo Switch ドックセット

 

ニンテンドースイッチはWii Uのような据え置き型と3DSのような携帯型をあわせた機種。画面付きのタブレットっぽい部分が本体となる。ドックは本体に充電したり、HDMIケーブルでテレビとつなげて「TVモード」で遊べるような装置。

 ニンテンドースイッチのTVへの接続
本体 → ドック → HDMIケーブル → TV

ドックセットは「Nintendo Switchドック」と「Nintendo Switch ACアダプター」「HDMIケーブル(1.5m)」がセットになったもの。ドックがあればどこでも今までのゲーム機のように据え置き型の「TVモード」で遊べるようになる。

ということは別の部屋、例えばご実家など別の家それぞれドックを置いておくなど可能性が広がる。読み方はドッグではなくてドックなので注意。 

 

Nintendo Switch ニンテンドースイッチ ACアダプター

Nintendo Switch ACアダプター

Nintendo Switch ACアダプター

 

ニンテンドースイッチ は携帯できる。電池の心配なく安心してプレイするためには本体同梱のACアダプターとは別に予備を一つ用意しておきたい。

Nintendo Switch は充電やドックとの接続用ポートとして一般的な USB Type Cポートが用されている。ただトラブルを避けるためにもACアダプターは任天堂が用意しているこの純正のACアダプターを利用するのがベストだろう。

 

Nintendo Switch 周辺機器③ キャリングケース編

Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)

Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)

 

 本体のキャリングケースがニンテンドー公式に用意されている。ジョイコンも含めてぴったりと収納できる。Switchのゲームは小型のゲームカードに収録されているが、ゲームカードを5枚とJoy-Conストラップ2個も合わせて収納できる。

本体を立てかけるスタンドとしても利用できる。 本体の液晶を保護するシートも付属しているのでお得感がある。

※本体のグレーのカラーと調和の取れた良いデザインのケース。どんな場所やカバンの中でも似合いそうなので一つ購入しました。

 

本体に同梱されている周辺機器は?

改めて整理しておこう。今までニンテンドーが公式発売している周辺機器をいくつか紹介してきたが、最初から本体に同梱されている周辺機器はどれだろう。遊び方に応じてどの周辺機器を買えばよいのかの参考にしてほしい。

  • Nintendo Switch 本体 1個
  • Nintendo Switchドック 1個
  • Joy-Con(L)Joy-Con(R)各1本ずつ
  • Joy-Conストラップ 2個
  • Joy-Conグリップ 1個
  • HDMIケーブル(1.5m)×1本
  • ACアダプター × 1個
  • セーフティーガイド × 1枚

本体同梱品は充実している。基本的には一人で遊ぶ場合とテーブルモードでジョイコンを分けあって遊ぶ場合には追加の周辺機器なくとも楽しめるようになっている。

しかしニンテンドーのハードとゲームは、複数人で遊んでこそより楽しさが広がるものと言える。「みんなで楽しみたいか?」を基準に周辺機器を追加して行くのがベスト。

 

Nintendo Switch 周辺機器④ サードパーティ編

ここまでは任天堂自体が発売する周辺機器について書いてきた。ここからは上質なゲーム周辺機器メーカーとしておなじみの HORI(ホリ)などサードパーティが発売する周辺機器について確認していく。

 

 マイクロSDカード

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード32GB for Nintendo Switch

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード32GB for Nintendo Switch

 

 。ニンテンドースイッチはSDカードにセーブデータやダウンロードしたゲームデータを保存できる。本体の容量には限りがあるのでSDカードで容量拡張できる設計になっているのはとても良い。

こちらはニンテンドースイッチの公式ライセンスのマイクロSDカード。UHSクラスI スピードクラス10 読込80MB/s 書込15MB/sで書き込みテストをクリアした任天堂公式ライセンス製品。

汎用のSDカードでも良いが、SDカードは相性問題が発生しがちな分野でもあるので、値段的にもさほど差はないこちらを購入するのが良いだろう。

※容量は16GBと32GBが2種類用意されていますが、私は32GBを一つ予約購入しました。16GBは容量不足だと思います。

 

 ゲームカード 収納ケース

 

 ニンテンドースイッチのゲームカードをピッタリと収めるカードケース。独自規格なのでこのようにピッタリと設計されたケースが良い。最大でゲームカード24枚とmicro SDカード2枚を収納することができる。

 

まるごと収納バッグ

【Nintendo Switch対応】まるごと収納バッグ for Nintendo Switch

【Nintendo Switch対応】まるごと収納バッグ for Nintendo Switch

 

 個人的に結構面白いなと思った製品。ニンテンドースイッチの本体やJoy-Con、グリップ、ACアダプターまですべて完全に収納できるケース。大小2種類サイズの仕切りによって内部配置を自由に変更できる。

デザイン的には右下についた赤い公式ロゴが映えてカワイイ。

 

Nintendo Switch プレイスタンド

【Nintendo Switch対応】プレイスタンド for Nintendo Switch

【Nintendo Switch対応】プレイスタンド for Nintendo Switch

 

 これもまた面白いかと思った製品のスイッチ対応プレイスタンド。ホリはかゆいところに手が届く機器を良いクオリティで出してくる。テーブルモードでプレイする際に高さと角度を稼ぐことができる。

プレイ中も純正ACアダプターでの充電が可能。またスタンド自体を折りたたんで持ち運ぶことができる。厚みはわずか18mmだから邪魔にならない。

※テーブルモードの利用頻度によっては活躍の場が広がる製品。スイッチ専用でなく、スイッチ「対応」なので一般的なスマホやタブレットのスタンドとしても転用できるかも、と期待して見ています。

 

Joy-Con ジョイコン カバー・ケース

 

 大切なジョイコンを守るためのカバーも各社からいくつか発売されている。柔らかいシリコン製のタイプか、頑丈なハードシェルタイプが用意されている。カラーバリーエーションもあるのできせかえ気分で楽しむこともできる。

上のキーズファクトリーの製品はNintendo 公式ライセンス製品であり、ジョイコンカバーを付けた状態で本体と着脱できるのも魅力だ。

 

本体カバー・ポーチ

【Nintendo Switch対応】タフポーチ for Nintendo Switch ブラック×レッド
 

「Nintendo Switch」1台と専用カード5枚を持ち運べる、頑丈かつ便利なポーチです!キズつきにくいEVA素材+PU合皮を使用。Nintendo Switch専用カードを最大5枚収納・持ち運び可能。弊社製Nintendo Switch用カバーを装着したまま、収納が可能です。 

 EVA素材であるため、お子様の利用にはこちらの衝撃に強そうなタイプのケースを利用するのが良いかもしれない。カラーバリエーションは3色用意されているも魅力。ブラック×ブラック、ブラック×レッド、ブラック×ブルー。  

 

Nintendo Switch 周辺機器⑤ 液晶フィルム編

ニンテンドースイッチは本体にも液晶がついている。前述した通り「テーブルモード」や「携帯モード」にてTVに繋がずとも本体の画面を見て遊ぶことが可能。つまりは持ち運ぶ頻度が格段に多くなるわけだ。

したがって大切な本体の液晶画面を守るために通常のスマホやタブレットと同じように液晶保護フィルムでガードすることは必須。

というわけでニンテンドースイッチのサイズに合った専用の保護フィルムが各社から発表されている。特徴ごとに紹介したい。

 

とりあえず保護したい場合のフィルム

【Nintendo Switch対応】液晶保護フィルム for Nintendo Switch

【Nintendo Switch対応】液晶保護フィルム for Nintendo Switch

 

ホリはニーズに応じたいくつかの種類の液晶保護フィルムを用意しているが、こちらはもっともシンプルでスタンダードな製品。

なによりも魅力はその価格。スイッチと同時に沢山の周辺機器も欲しくなってくるところなので、低価格でスタンダードな本製品の存在は嬉しいところ。

本製品を使ってみて不十分であったならば他の製品を使ってみるという位置づけで良いかもしれない。

 

 貼りやすい液晶保護フィルム

貼りやすい液晶保護フィルム。「ピタ貼り」によって位置合わせ・貼り付けがしやすいようになっている。光沢性防指紋コートによって施しており、指紋がつきにくいのも特徴。こちらは値段も比較的手頃で1000円以下で入手できるもの。 

同じく貼りやすい「ピタ貼り」機能に加えて、こちらは目にやさしい「ブルーライトカット機能」を持ったフィルム。

※私はパソコン作業などが多い職業とITガジェット好きな趣味から目を酷使しがちなのでこの製品を選ぼうかと考えています。

 

キズがつきにくい液晶保護フィルム

【Nintendo Switch対応】キズに強い液晶保護フィルム for Nintendo Switch
 

キズに強いタイプ液晶保護フィルム。ガラスに匹敵する高硬度なタイプで、利用しているときに付けてしまいがちなスリキズを防止できる。同時に柔軟性も確保しているので割れてしまってもケガはしにくい。

お子様のハードな使用にも耐えうるでき。こちらは高機能だけあって、値段も少々高くなっている。

他にも各社色々な種類のニンテンドースイッチ専用液晶保護フィルムを出しているので確認して欲しい。

Nintendo Switch フィルム 一覧  

 

Amazon で購入すると割引があるかも

この記事の途中にあるリンクは Amazon にリンクしている。Amazon は欠品が少なく、注文が簡単でプライム会員ならば配送も早くて好みという個人的な理由だが、リンク先を眺めていたところ早くも割引がある商品があった。

例えば「Nintendo Switch Proコントローラー」は 9%OFFで予約購入できたのでちょっと得した気分だ。

 Amazon Nintendo Switchストア。ゲームソフト、ゲーム機本体、周辺機器・アクセサリを幅広くラインナップ。

 注目 ニンテンドースイッチソフト発売予定 

ニンテンドースイッチ 発売予定とおすすめソフト【ローンチタイトルまとめ】 - PTP ~ エキサイティングにいいモノがある

© 2016-2019 PTP All rights reserved.